製品情報


スイスデンマーク日本

1974年にスイスで誕生したフォナックは、70年以上にわたり研究開発を重ね、世界100ヵ国以上で幅広くご愛用いただいています。聞こえに悩むすべての人の声に耳を傾け、フォナックは、人々がそれぞれの人生において、豊かな音を聞き取り、理解し、経験できるよう、独創的な発想でテクノロジーの限界に挑み続けます。

ワイデックスは、1956年、福祉の国北欧デンマークに生まれた補聴器ブランドです。60年以上にわたり培ってきた経験と知識、妥協を知らない先進性と独創性に満ちた開発精神により生まれワイデックスの「Natural Sound」を世界に届け続けてきました。美しいだけでも、機能的なだけでもない、使う人の心に響く「音」の世界。そこには、聴く歓び、持つ歓び。ともに生きていく歓びが満ちています。

1948年に初めて日本の量産補聴器を発売した当社は、日本のお客さまのためにリオネット補聴器を作り続けてきました。リオネット補聴器と日本人の耳と関わりは60年以上になり、日本のお客さまのためのより良い補聴器作りにこだわっています。


おみせで補聴器を耳に付け、どう聞こえるか試してみましょう。

<カウンセリング>

お店の専門スタッフが聞こえの悩み、ご希望などをお伺いします。

<補聴器器種選択>

聞こえのレベル、ご希望、ご予算、使用環境に合った補聴器をお選びします。<

<フィッティング>

聞こえ方をご確認いただきながら、補聴器をきめ細かく調整します。

<試聴>

さまざまな場所で両耳、方耳ずつなど聞こえ方を試して下さい。聞こえ
にくい場合は再調整をします。

さまざまな聞こえをチェック
静かな所だけだはなく、騒音の多い場所で言葉がどう聞こえるのかなど、いろりろお試しください。
試聴、ご検討の上お客様にとってお役に立ちそうであればご購入

<ご購入後>

微調整
本当にお客様にあった補聴器にしていくために、ご購入後1ヶ月ぐらいはお店で数回、微調整にご来店頂くことをお勧めします。
定期的な点検とクリーニング
お買い物のついでになど、いつでも気軽にお来店ください。

あれ、思ったよりも聞こえない?と思ったら。

快適に聞こえるようになるまでには、少し時間が必要です。
焦らず慣らしてちょっとずつ自分の「聞こえ」を楽しみましょう。

ステップ1:3日目
家の静かな場所で練習してみましょう。
ステップ2:1週間目一対一での会話を楽しんでみましょう。
ステップ3:2週間目テレビやラジオを聴いてみましょう。
ステップ4:1ヵ月目屋外での会話を楽しんでみましょう。