カテゴリー
レンズ 雑貨

マスクで曇る。

この頃は、花粉症対策やファッション?でマスクをしている人を見かけることが多くなってきていましたが、まさか!!マスクをしてない方が珍しくなるとは、、、。

感染症予防や、花粉症対策でも着用するのが当たり前になってしまったマスク。しかし、メガネの人がマスクを着用すると、レンズが曇って不便ですよね。ですが、ちょっとした工夫でメガネの曇りは防ぐことができます。いくつかの対策を紹介します。

■マスクの着用の前にちょっとひと工夫

マスクと鼻や頬の周りに隙間があると、そこから漏れた呼気でメガネが曇ってしまいます。そのため、マスクを着用するときはなるべく上部に隙間を作らないのがポイントです。 ワイヤー入りのマスクなら、しっかり顔の形状に合わせて折り目を付けるだけでも (鼻のまわりのマスクの縁をしっかり顔に沿うようにします。)、曇りにくくなります。また、マスクの上部を内側に折り曲げるのも効果的です。「折り曲げると見た目が気になる…」という方は、マスクの上部と顔の間に畳んだティッシュを挟む方法もおすすめです。

■防雲対策アイテムを使う

頻繁にマスクを利用するのなら、いっそ防曇レンズのメガネに変えてしまうのも手です。

また、スプレー式やメガネに塗って使う曇り止め液、レンズを拭くだけで曇り止め効果を得られるクロスなど、便利なアイテムを活用するのも手軽でいいですね。 メガネが曇ってしまうと、前が見づらく危険です。マスクによるメガネの曇りは簡単な方法で解消できるので、ぜひ取り入れてみてください。

カテゴリー
レンズ

リモートワークには、②

車の運転をしても、映画館で映画を見ていても、遠くはハッキリ見えるのに室内では何だか疲れる、、、。そのメガネは、遠くに焦点を合わせすぎている可能性があります。遠方がハッキリ見えるのは気持の良いものですが、ショッピング、最近では、ライフスタイルに合った室内専用のレンズがバリエーション豊富に用意されていますので、ホームやオフィスで快適な視界を実現します。

オールラウンド(フィールド)タイプ

どちらかというと遠方から中間重視で、日常生活の使用に最適です。遠方の視野が広く遠くまで見やすい設計で、中間から手元まではクリアな見え方をします。アウトドアスポーツやドライブ、旅行、スポーツ観戦で爽快な視界が得られます。

タウンタイプ

街中での使用に最適です。中間の視野の広さを確保し、中間から近くまでバランスの良い見え方です。遠方は、オールラウンドタイプに比べると劣ります。市街地のショッピングや忙しく視線を動かすビジネスシーンで、運動や散歩、接客業の方など広く快適な視界が得られます。

オフィスタイプ

手元の視野の広さを確保しながら奥行きのある見え方をしますので、オフィスのような広い室内空間での使用に最適です。ルームタイプと比べて、奥行が広がり、リビングルーム、会議室などの室内空間を快適に見渡せるタイプです。室内空間の見え方を重視される方、家事一般、オフィスワーク、パソコンなどにオススメです。

ルームタイプ

手元の視野が広く、少し先まで鮮明な見え方で、室内空間での細かい作業に最適です。室内でのご利用はもちろん、お手元をワイドに、ラクにご覧いただけるタイプです。 パソコン(特にデスクトップパソコン)をご利用になる方、長時間デスクワークをされる方やクラフトワーク、室内で過ごす時間が長い方にオススメです。

リーディング

近用視野が広く、デスク周りの作業が快適です。ノートパソコンやタブレット、手元の作業、読書、新聞、におすすめです。

レンズの限られたエリアでしかパソコン画面がクリアに見えない。モニターが大きくなったら、見づらくなった。パソコンが見やすくなるはずだったのに。

通常の遠近両用レンズの場合、レンズの中の限られたエリアしかパソコン画面にピントが合いません。そのためそのエリアから視線が外れるとパソコン画面がクリアに見えない場合があります。

ぜひ、お気軽にご相談下さい。

カテゴリー
レンズ

リモートワークには、

遠方がスッキリ見えることだけが必ずしも良いメガネと言える訳ではありません。

リモートワークが推奨されつつある昨今、遠視の方はより疲れやすく、近視の方もメガネの調整には注意をしなければなりません。 パソコン作業など近見作業時のメガネは、近視を強めると余計な負荷がかかってしまい、遠視を弱めるとサポート力が落ちてしまいますので、遠方が良く見えるメガネは室内では疲れやすいことが多くなります。(近視と遠視ではその矯正に、凹レンズと凸レンズという逆の性質をもったレンズを使用します。近視は弱めに、遠視は強めに合わせるとその分の近視が残るので、焦点距離が短くなり部屋のなかでは調節力を使う量が少なくて済むようになります。)

必要なメガネの度数は距離で決まります。 使用目的に合った距離がわからないと、目的とずれたメガネになりがちです。そのようなトラブルを避けるために使用目的、作業距離、生活環境などや、他に些細なことも大切なデータにつながりますので、丁寧なカウンセリングが必要になります。

 働き方が変わりつつあるこの時代。元々はオフィス、デスクワーク向けに開発されたレンズですが、特に中間距離重視の遠近、中間距離重視の中近、近距離重視の中近などの商品がリモートワーク、屋内生活にお勧めです。