カテゴリー
メガネフレーム

日常使いに

「デイリーウェア」をコンセプトにしたモデルです。

軽い、ズレにくい、壊れにくい。 とにかく基本性能が高いので、毎日使う眼鏡としてはこれ一本あればストレスなく毎日過ごせることでしょう。

一般的なメガネのリムは正面から見ると1mm前後のものが良く使われます。 こちらのシリーズは0.7mmという、現存するリムのなかでは最薄のものを用いて、圧倒的に薄い見た目を実現しています。 そして奥行。一般的なリムは2mm前後のものが多いですが、こちらは3mmあります。

横顔の存在感はこのリムならではです。「レンズの厚みが目立たちにくい」ので、レンズを入れた際の仕上がりも綺麗です。

側面の厚みのあるポイントで見るとなかなかはっきりとしたカラーですが、かけると思いのほかなじみます。

カテゴリー
メガネフレーム

TIMELESS

シンプルなレトロモダンスタイルのフレームに見えますが、テンプル部分のパーツでフロントを吊り下げるフローティングデザインを採用しています。

ブリッジとリムは同色にし、外リムからテンプルエンドまでを同色の一体パーツにすることにより、浮遊感と洗練されたイメージを感じることが出来ます。

チタンの削り出し丁番は、恒久的な良さにもこだわっています。 左右非対称のモダンパーツは、ブランドの頭文字の「P」と「N」をモチーフにしています。

カテゴリー
メガネフレーム

トレンドの「T」

特許を取得している新開発の超極小ピンヒンジを採用したチタニカのニューモデルです。

男女問わずやわらかな雰囲気をかもし出すオーバル型のT412では、人気の「カフェラテ」カラーやカシスソーダを想わせる美しいグラデーションの「カシス」カラーが注目です。

T417は、フレンチビンテージの代表的なシェイプのクラウンパントをチタニカ風にアレンジしました。掛けてみると意外なほど顔馴染みの良いモデルになりました。 クリスタルカラーの「クォーツ」はぜひ店頭で試していただきたいカラーです。

T418はトレンドの多角形スタイルを取り入れましたヘキサゴン(6角形)シェイプ。すっきりとした細身のバランス感で、程よい個性が演出できます。鉱石からインスパイアされた「アゲート」は “めのう” を、「ジェイド」は “ひすい” をイメージした、これもぜひお試しいただきたいカラーです。