カテゴリー
メガネフレーム

=予告=チタンの可能性を追求

10月3日(土)よりご覧いただけます。

チタンの可能性を追求し、そのフレキシビリティを充分に活かした、純日本製のフレーム。新しいヒンジはブランドの持つミニマリズムを具現しました。

Y CONCEPTのデビューから7年。

ついに進化をとげ当店に登場です。

100パーセント日本製のアイウェア。 新しいコンセプトをまとったTITANIKA(チタニカ)へと変わりました。

10月3日(土)より当店にてご覧いただけます。

ご来店お待ち申し上げます。

カテゴリー
メガネフレーム

世界の福井県鯖江市

ばね性を持たせたブローラインは、レンズから浮かせることにより優れたかけ心地と、レンズに力が伝わりにくくなるため、左右のレンズの面が乱れないように設計されてます。 また、立体感が生まれるフロント部の構造と絶妙なカラーリングによりビジネスにもカジュアルにも、ほのかな個性を出しつつも合わせやすくデザインされています。日本が誇る、世界的なメガネの産地であります福井県鯖江市の、素材と製法にこだわった高い技術が詰まっています。

カテゴリー
レンズ

リモートワークには、②

車の運転をしても、映画館で映画を見ていても、遠くはハッキリ見えるのに室内では何だか疲れる、、、。そのメガネは、遠くに焦点を合わせすぎている可能性があります。遠方がハッキリ見えるのは気持の良いものですが、ショッピング、最近では、ライフスタイルに合った室内専用のレンズがバリエーション豊富に用意されていますので、ホームやオフィスで快適な視界を実現します。

オールラウンド(フィールド)タイプ

どちらかというと遠方から中間重視で、日常生活の使用に最適です。遠方の視野が広く遠くまで見やすい設計で、中間から手元まではクリアな見え方をします。アウトドアスポーツやドライブ、旅行、スポーツ観戦で爽快な視界が得られます。

タウンタイプ

街中での使用に最適です。中間の視野の広さを確保し、中間から近くまでバランスの良い見え方です。遠方は、オールラウンドタイプに比べると劣ります。市街地のショッピングや忙しく視線を動かすビジネスシーンで、運動や散歩、接客業の方など広く快適な視界が得られます。

オフィスタイプ

手元の視野の広さを確保しながら奥行きのある見え方をしますので、オフィスのような広い室内空間での使用に最適です。ルームタイプと比べて、奥行が広がり、リビングルーム、会議室などの室内空間を快適に見渡せるタイプです。室内空間の見え方を重視される方、家事一般、オフィスワーク、パソコンなどにオススメです。

ルームタイプ

手元の視野が広く、少し先まで鮮明な見え方で、室内空間での細かい作業に最適です。室内でのご利用はもちろん、お手元をワイドに、ラクにご覧いただけるタイプです。 パソコン(特にデスクトップパソコン)をご利用になる方、長時間デスクワークをされる方やクラフトワーク、室内で過ごす時間が長い方にオススメです。

リーディング

近用視野が広く、デスク周りの作業が快適です。ノートパソコンやタブレット、手元の作業、読書、新聞、におすすめです。

レンズの限られたエリアでしかパソコン画面がクリアに見えない。モニターが大きくなったら、見づらくなった。パソコンが見やすくなるはずだったのに。

通常の遠近両用レンズの場合、レンズの中の限られたエリアしかパソコン画面にピントが合いません。そのためそのエリアから視線が外れるとパソコン画面がクリアに見えない場合があります。

ぜひ、お気軽にご相談下さい。